久保 比呂誌

くぼ ひろし
久保 比呂誌

肩書き
津軽三味線奏者
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

5歳からピアノを始め作曲家、ピアニストとして活躍されていた久保比呂誌さんは、ある日偶然耳にした故、初代・高橋竹山師の「津軽じょんから節」に感動し、津軽三味線を始める。日本国内だけだなく海外でもコンサート活動を行い、音楽制作、作曲家としても活躍中。

プロフィール

神戸生まれ。5歳よりピアノを始め、大学では作曲科を専攻する。
作曲家・ピアニストとして活動していたが、ある日偶然耳にした故、初代・高橋竹山師の「津軽じょんから節」に感動し、ついには津軽三味線を始める。竹山節本流継承者、田中竹仙(ちくせん)に入門。

1990年より津軽三味線でのコンサート活動を開始。
1993年、作曲・ピアノ・三味線を担当するユニットを結成し、ライブ・コンサート活動を展開 
1995年 阪神大震災で須磨の自宅が全焼。すべてのものを焼失して大阪に居を移す。
1998年~ イタリア、ドイツでコンサートを行う。
     ニューヨーク、ハワイではダンスコンサートに和太鼓と共に出演。

現在は「津軽三味線とピアノ」とを演奏する異色のスタイルで、、TV・ラジオ出演、CM録音、全国各地のホール、酒蔵、学校等でのコンサート活動を展開中。
またオリジナル曲の制作、劇団公演、ミュージカル、ダンス公演等の演奏・音楽制作を担当する等、作曲家としても精力的に活動中。

<主な曲目>
津軽よされ節
津軽あいや節ん
津軽じょんから節
いにしえの光(オリジナル曲)
十三の砂山
竹田の子守歌
祈りの朝
津軽じょんから節

主な講演のテーマ

ピアノ&津軽三味線コンサート

カテゴリー

教育・学校・PTA
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『こもれび』

    レーベル: メーカーオリジナル
  • 『風の行方~Wing of the wind~』

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top