仲島 正教

なかじま まさのり
仲島 正教

肩書き
教育サポーター
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

教育サポーター・仲島正教さんは、26年間の教師生活の中で出会った多くの子どもたちや大人たちとの「つながりと感動」の体験をもとに、学校・家庭・地域における人権教育の大切さを語る。講演「あーよかったな あなたがいて~優しさという温かい貯金~」は好評です!

“ブログ”『神戸市内にて、教育サポーター 仲島 正教さんの講演会を開催!』講演レポートはこちら

プロフィール

26年間の教師生活の中で出会った多くの子どもたちや大人たちとの「つながりと感動」の体験をもとに、学校・家庭・地域における人権教育の大切さを語る教育者。
「人権教育は難しい」というイメージが「人権教育は身近で温かいもの」に変わっていく。

1956年生まれ。大阪教育大学を卒業後、兵庫県西宮市で小学校教師を21年間勤め、その後西宮市教育委員会人権教育室指導主事、学校人権教育課係長を5年間務めた後、2005年3月に48歳で退職。
2005年4月より、教育サポーターとして、「授業づくり」や「学級づくり」等の教師向けセミナーを開くかたわら、講演活動は北海道から沖縄まで全国各地にわたり、人権教育大会やPTA講演会等で「人権教育」「子育て」「地域づくり」をテーマに年間200回を数える。

<主な役職>
若手教師応援セミナー「元気塾PLUS」代表
尼崎市教育委員会 教育委員
西宮市家庭教育振興市民会議 議長

主な講演のテーマ

1. あーよかったな あなたがいて ~優しさという温かい貯金~
2. あーよかったな あなたがいて ~つながりと感動を合言葉に~
3. あーよかったな 先生になって ~教師のやり甲斐と子どもたちの笑顔~

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA

著作紹介

  • 『教師力を磨く』

    出版社: 大修館書店

聴講者の声

  • 人権教育ときいて、しっかりメモを取り勉強して帰ろう、と思って参加させていただきましたが、目からウロコで、最初から感動で涙、涙、次におなかの底から笑い、そしてすばらしい歌ありで、とても心に残るお話でした。優しい心で子どもに接し、10秒間の愛でギュッと抱きしめてあげることの大切さがをあらためて感じ、とても元気にさせていただきました。仲島先生のような先生に私も学びたかった。(小学校PTA)
  • 迫力でした。ALL関西弁の約2時間は貴重でした。こんな先生に出会えて、もう大人であるはずの自分でも心の扉が開かれた気がしました。(小学校PTA)
  • 今までいろいろな学習講座に参加させてもらいましたが、今回が一番楽しくいつまでも仲島先生のお話を聞いていたいなあと思いました。子どもがいうことを聞かない時とか感情的になって、ついきつい言葉をかけてしまう私ですが、そのことが子どもの借金になっているんだなとわかりました。これからまだまだ長い(一生では短い)子育てを私も楽しく子どもに温かい貯金をいっぱいためていこうと思いました。(子育てセンター講座)
  • 最初から最後まで時間の経つのも忘れてしまうほど楽しく、ときにはジーンとしてお話を聞かせていただきました。「優」しさの言葉のもつ意味のお話をいろいろと聞き、ずっと息子の顔が浮かんでいました。忙しさにかまけて、本当に息子の話に耳をかたむけているのか、優しく接しているのか、反省すべきところばかり浮かんでは消え…でも本日参加させていただいたおかげで、帰ってから息子に、家族に・・ほんの少しだけ優しく接することが出来そうです。(中学校PTA)
  • 優しさのビタミン愛をいっぱいいっぱい頂きました。ありがとうございました。元気が出ました。また、教師として「言葉」「言葉かけ」を大切にしたいと思いました。多くの子どもたちやわたしの周りの人たちが頭に浮かび上がってきました。(小学校教師)
  • 感動、感動の連続のお話でした。先生の温かい心のこもったお話をこれからの私の地域活動に生かしていきたいと思います。私も地域活動を通していろいろな人と知り合えていろいろな心をもらっています。もっともっと頑張ります。(公民館講座)

あなたにオススメの講師

Page Top