渋谷 幸靖

しぶや ゆきやす
渋谷 幸靖

肩書き
再非行防止サポートセンター愛知 社会内サポート責任者
出身・ゆかりの地
愛知県

この講師のここがおすすめ

現代社会では、いじめや虐待、引きこもり、自傷行為などで悩む子どもたちが沢山います。
なぜ多くの子ども達が非行や犯罪の道に入ってしまうのか。そしてどんな生活を送っているのかを知ること・理解することが大切であると渋谷幸靖さんは考えています。
講演では、元不良で半グレと呼ばれた当事者だからこそ話せる教科書では学べない非行から更生へのストーリーや、虐待・親子関係と、幅広くお話しします。

プロフィール

母子家庭で育った私は、10代の頃から親に迷惑を掛け、非行を繰り返していました。
そして非行は成人になってもおさまらず、24歳まで親に迷惑ばかりをかけていました。しかし今では、家族の大切さを学び、家族第一の生活を送っております。
自分の実際に歩んできた経験を生かして、少年が自分と同じ道を歩まないように道案内ができたらなと強く想っています。
そして、涙ばかり流していた母も、今では笑顔が絶えない家族関係に修復することができました。
家族との絆についても自分の経験を生かしてサポートさせて頂けたらと考えております。
心理カウンセラー・コーチング・心理セラピスト・メンタルコーチ等の心理学の資格も6つ取得しております。少年の笑顔が溢れ、家族の悲しみを消せるように全力でサポートさせて頂きます。

 講演実績 
愛知サマーセミナー思春期研究会「非行と性の関係性」
全国こども福祉センター「当事者としての非行の話」
日本福祉大学スタディクラブ「親子関係と非行の繋がり」
私学性教育研究会「非行から見た性の世界」
日本福祉大学スタディクラブ「就労できるコツ」「非行をした少年の支援 社会的養護」
モリコロ基金助成金事業「非行を知り そこから見る性の世界~教科書では学べない話~」
奈良大学「非行少年の社会復帰について考える」
司法福祉学会「少年の再非行をどう防ぐのか」
第一回 AIDS文化フォーラムin名古屋 南山学園
児童虐待フォーラム 桑名市市民会館
日本福祉大学「親子関係」
尾張旭市市民活動 「活動のいきさつと現状」
岡崎保護区BBS会「命について考える講演 再非行防止活動とは」
半田工業高校 「非行と薬物」
思春期研究会「生と性を考える」
名古屋市教育委員会、食でつながるフェスタ&広がれ子ども食堂の輪 全国ツアーあいち、おたがいさまのまちづくりフォーラム 日本福祉大学東海キャンパス、地域包括地域の力でささえあい南医療生協、半田市保護司会 特別研修会、西尾市教育委員会

 主なメディア出演 
NHK「ばっちゃん~子どもたちが立ち直る居場所~」「きっと変われる~“更正”をめざす少年たちへ~」、東海テレビ「ニュースone」
サンキューFM84.5、朝日新聞、中国新聞、日本知的障害者福祉協会 月刊誌「さぽーと」 他多数

 受賞歴
人間力大賞 名古屋市長賞受賞 他

主な講演のテーマ

1.「過去を価値に変える」再非行防止とは
教科書や本では学べない、当事者から見た非行の世界をお話しさせて頂きます。なぜ犯罪をしてしまうのか、なぜ再び罪を犯してしまうのか、子供たちの居場所とは、大人の役割とは、親子関係とは、非行少年とどう接していけばいいのか、など、当事者でしか語れない内容をお伝えさせて頂いております。また、更生する為に大切なポイントや、実際に非行少年をどのように更生へと導いているのかをお伝えさせて頂きます。

2.「非行で苦しむ親子関係」子供達の居場所とは
教科書や本では学べない、当事者から見た、非行に走ってしまう家庭環境や居場所についてお話しさせて頂きます。なぜ母子家庭に非行少年が多いのか、非行少年の家庭環境はどうなっているのか、また現在非行に苦しまれている保護者様はどのように子供と接して行けばいいのか?当事者であり、年間数え切れない程の親子と関わっているからこそ分かるリアルな親子関係のお話しをさせて頂き、親子関係の改善や関わり方についてお伝えさせて頂きます。

3.「教科書では学べない性教育」加害者・被害者の現場の声
若者の性被害はなぜおこってしまうのか?実際の若者は今どのような感覚でいるのか?
そして、性被害にあわないようにするにはどうすればいいのか?
若者と多く接する中で、実際に加害者になった男性や被害にあった女性の生の声を拾い、教科書では学べない性教育をお伝えさせて頂きます。

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA

あなたにオススメの講師

Page Top