瀧谷 昇

たきたに のぼる
瀧谷 昇

肩書き
義肢装具士
出身・ゆかりの地
奈良県

この講師のここがおすすめ

「アフガニスタン義肢装具支援の会」代表・瀧谷昇さんは、義肢装具士として、日本で不要となった義足をリサイクルし、地雷やロケット弾で足を失ったアフガニスタンの人々、一人ひとりに合わせた義足を送り届ける活動に尽力され、全国でアフガニスタンに平和を願う写真展開催や、アフガンに義肢を届ける活動を続け、世界平和を呼びかけています。

プロフィール

JICAの前身である海外技術協力事業団(OTCA)が実施したコロンボ計画により、1974年25歳の時に勤務先の義肢製造の会社から1年間アフガニスタンに義肢作りの指導教官として派遣された。帰国後、1980年に株式会社奈良義肢を設立。同国へ刺繍糸を贈る活動をしている西垣敬子さんの誘いで、孤児院の足のない子どもたちに義足を制作するために26年ぶりに同国を訪れたことを契機に、2002年から「アフガニスタン義肢装具支援の会」として活動を開始した。
現地で一度に20人分ほどの「型取り」を行って、日本で制作し、現地を訪れ「装着」作業と次の「型取り」を行う。一人ひとりのカルテを作成し、成長に合わせてメンテナンスをする。これまでに約230人に渡すことが出来た。
2014年頃から情勢によりビザ発給の許可が下りず、完成した義足5名分を届けることができていない。現在会としての活動は終了しているが、個人で活動の再開を模索している。

 アフガン関連活動 
1998   アフガニスタンに平和を願う写真展を開催(兵庫:神戸国際交流会館)
20015月 アフガニスタンへ義足製作へ(西垣啓子さんの依頼を受けて)
20022月 奈良ふとん資料館でアフガニスタン写真展開催
20023月 アフガニスタン義肢装具支援の会 発足
          8月 第2回アフガン訪問 63名を型取り
          9月 奈良市内写真展開催
        12月 第3回アフガン訪問 17名の義肢届ける。
20035月 イラン訪問。機械買い付けアフガンへ発送。
          6月 第4回アフガン訪問 アイラブピース撮影協力と5名の義肢を届ける。
          8月 第5回アフガン訪問 27名の義肢を届ける。
         12月 第6回アフガン訪問 14名義肢届ける。
20044月 写真展と報告会(兵庫:篠山市:篠山市民センター)
          5月 氷上 (兵庫)、楠葉公民館(大阪)にてミニ写真展
          7月 甲西町図書館にて報告会(滋賀)
          7月 イラン医科大学訪問 テヘラン日本人学校にて講演会
          8月 第7回アフガン訪問 完成14名再採型・新規採型12
         12月 第8回アフガン訪問。完成11名再採型・新規採型9
20053月 写真展と報告会(三田市フラワータウン市民センター)
          4月 第9回アフガン訪問 完成9名再採型 新規採型12

最終目標はアフガンで義肢装具専門学校の建設の為9000万円を目標に募金活動を行なっている。
小、中、高、大学、行政、企業など講演の活動し、世界平和を呼びかけている。

主な講演のテーマ

1. 『平和学習』  地雷と義足
2. アフガンを知って そして 忘れないで
3. アフガンの社会と私たちの違い(日本の社会から見えるもの)

カテゴリー

人権啓発
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流

あなたにオススメの講師

Page Top