瀧谷 昇

たきたに のぼる
瀧谷 昇

肩書き
義肢装具士
出身・ゆかりの地
奈良県

この講師のここがおすすめ

義肢装具士瀧谷昇さんは、1974年アフガニスタンへJICA国際事業団指導教官として出向、帰国後、1980年奈良義肢製作所創立。アフガニスタンに平和を願う写真展開催や、アフガンに義肢を届ける活動を続け、世界平和を呼びかけ、全国で講演活動も行う。

プロフィール

1948年 奈良県吉野郡川上村上谷に生まれる
1967年 国立府営大阪身体障害者職業訓練校義肢装具科卒業
1967年 川村義肢株式会社 入社
1974年 アフガニスタンへJICA国際事業団指導教官として出向、翌年帰国
1980年 奈良義肢製作所創立、その後義肢装具士法制定(厚生省)
1988年 義肢装具士 国家資格取得

<アフガン関連活動>
1998年 アフガニスタンに平和を願う写真展を開催(兵庫:神戸国際交流会館)
2001年.. 5月アフガニスタンへ義足製作へ 西垣啓子さんの依頼を受けて
2002年.. 2月奈良ふとん資料館でアフガニスタン写真展開催
2002年.. 3月アフガニスタン義肢装具支援の会 発足、 8月第2回アフガン訪問 63名を型取り
9月奈良市内写真展開催、 12月第3回アフガン訪問 17名の義肢届ける
2003年.. 5月イラン訪問。機械買い付けアフガンへ発送。
6月第4回アフガン訪問 アイラブピース撮影協力と5名の義肢を届ける
8月第5回アフガン訪問 27名の義肢を届ける
12月第6回アフガン訪問 14名義肢届ける
2004年.. 4月写真展と報告会(兵庫:篠山市:篠山市民センター)
5月氷上 (兵庫)、楠葉公民館(大阪)にてミニ写真展
7月甲西町図書館にて報告会 (滋賀)
7月イラン医科大学訪問 テヘラン日本人学校にて講演会
8月第7回アフガン訪問。完成14名再採型・新規採型12名
12月 第8回アフガン訪問。完成11名再採型・新規採型9名
2005年.. 3月 写真展と報告会(三田市フラワータウン市民センター)
4月第9回アフガン訪問 完成9名再採型 新規採型12名
最終目標はアフガンで義肢装具専門学校の建設の為9000万円を目標に募金活動を行なっている。
小、中、高、大学、行政、企業など講演の活動し、世界平和を呼びかけている。

主な講演のテーマ

1. 『平和学習』  地雷と義足
2. アフガンを知って そして 忘れないで
3. アフガンの社会と私たちの違い(日本の社会から見えるもの)

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流

あなたにオススメの講師

Page Top