柳 淳也

やなぎ じゅんや
柳 淳也

肩書き
LGBT支援グループ にじいろらいと 代表
出身・ゆかりの地
大阪府

この講師のここがおすすめ

LGBT支援グループ『にじいろらいと』の代表を務める、柳淳也さん。
「LGBTの割合は20~30人に1人で、左利きや血液型のAB型と同じくらい」と身近な存在。正しい知識を持つことが、理解を深める近道です。「知る機会がない」「こんなこと聞いていいのだろうか」というためらいがちな質問に、オープンリーゲイである柳さんが赤裸々にお答えします!

プロフィール

1989年、大阪生まれ。
2012年、大阪市立大学商学部卒業。この頃からゲイであることを肯定的に捉えるようになり、2013年に周囲にカミングアウトする。
2013年から講演活動を行い、20174月からは、大阪市立大学経営学研究科大学院に在学中。
『にじいろらいと』はLGBT支援グループ。LGBTではない人にLGBTに注目してもらい、社会が変わっていくことを目指している。
現在は、小学校・中学校・高校・大学といった教育機関、行政、企業へ赴き、LGBTについての理解を広める活動を行っている。LGBT当事者が、多様な性について、幅広い年代を対象に、様々な体験等を交えながら分かりやすく話します。

~柳 淳也からのメッセージ~
『僕は、こうやって生きてきた』

僕は、中学生のときから、ずっと悩んでいました。
男性に対してドキドキしてしまう自分がどこかでいる一方で、僕以外のみんなは、女の子にどうやら関心があるようだ、と。
学校の性教育では、“異性に対する関心が高まる時期がくる”ことは教えてくれて、その“時期は人によって違う“ことも教えてくれました。
でも、異性に対する関心はいつまでたっても高まらなくて、僕だけおかしいのじゃないかとずっとずっと思っていました。
また、ゲイを含める同性愛者に対しては、ネガティブなイメージが僕自身強く、僕は、女装や女の人になることには興味がないから、彼らとも違うんだと思いたかったし、でもどこかで共感している部分はあり、それを自分自身で必至に否定して生きてきました。

世界中で、一人だけ特殊なのかとさえ思いました。
僕が、ゲイだと認められるようになったのは、22歳ごろ。はじめてのカミングアウトは、23歳。
誰にも相談できず、少し殻にこもってしまう時期もありました。

もし、学校で正しく教えてくれていたら。
同性を好きになる人も、好きな人ができない人もいるんだよ、と一言言ってくれていたら。
もし、僕みたいに、女性になりたいわけじゃないけれど、男として男が好きな人もいるんだと知っていたら… 僕の、10代・20代は、もっと、楽だったのだと思います。

今でも、状況はあまり改善されていないと思います。
学校では教えられていないし、テレビには女装をしたゲイしか出てこない。
僕らよりも下の世代も、今なお、自分のアイデンティティを探す旅で苦しんでいるのだと思います。

そんなLGBTの人々が、少しでも「あ、自分と似ている境遇の人がいる」とか「僕と同じ気持ちだった人もいるんだ」ということがわかれば、救われるのではないかなと僕は思っています。

主な講演のテーマ

1.LGBTについて ~当事者から学ぶ~
2.ここにもゲイがいる ? LGBTを意識した組織活動
3.子どもにも伝えたくなるLGBT基礎講座 ~ゲイカップルの視点で日常から法律のことまで~

カミングアウトの研究では多くの異性愛者の方が、もっと同性愛者の人のことを知りたいと感じながら「知る機会がない」「この質問聞いてよいのだろうか」というように、聞くのをためらっていることが分ってきました。
『にじいろらいと』では、統計的に処理をして、正確でわかりやすい情報を提供することを目標にしています。ただ、数字をみていてもわからないのが、ゲイの生活。
「偏見とかないよ」という人でも、よくよく聞いてみると、「でも、やっぱり理解できない」と言う人は少なくありません。社会的にゲイフレンドリーを装っていても、なんとなく腑に落ちていない人がいます。わからないから、だと思うのです。
セクシャル・マイノリティーの中には、隠して生きたい人、生きなければならない人も、たくさんいます。だからこそ、オープンリーゲイである柳淳也が、ゲイの生活を(それなりに)赤裸々に公開します。

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA

聴講者の声

  • LGBTなんて、選んでなっているわけじゃないのに、気持ち悪いとか言われるのはおかしいと思った。ただ珍しいパターンなだけ。でも、僕はちょっと前までレズとかゲイとかはなりたくないなぁーと思ってた。でも、今回の講演で大切なのは自分らしく生きることだと思った。
  • 世の中には色々な人がいると分かった。世の中の人全員が異性を好きになるとは限らないし、それ以前に人のことを好きにならない人もいると分かった。僕は今、女性のことが好きだけど、これからどうなるかわからないと思った。
  • 日本はなぜ同性愛などを認めないのだろう。その理由が知りたいと思いました。
  • 無理に抑え込むより、ありのままでいる方が楽しそうだなと思いました。自分に素直でバイなどを認めるのは悪くないんだなと思った。
  • 自分のまわりには色んな人がいて、その人それぞれの価値観があると思うし、LGBTのことで悩んでる人がいるなら今回みたいな時間があると、ちゃんと理解できて良いと思いました。たくさんの人がそれぞれの価値観を大切にし生きれる社会になればいいのにと思います。
  • LGBTの人も別に変な人とかそういうことじゃなく、普通の人だと思った。自分だちだけを基準にするのはおかしいと思う。
  • LGBTの人もふつうの人だった。心の中では自分の性別と違うと思うこともあるんだなと分かった。LGBTだからって本人は楽しそうだし、悩みもあることもあると思うけど、自分のことが嫌いじゃなさそうだったので良かった。
  • 私がこの学習で興味を持ったのは「言葉」です。言葉は、あるときは人を傷つけたり悲しませたり、あるときは人を嬉しい気持ちにできたり、笑顔にしたり、たくさん心がつまっていると思います。そこで、辞書で「性」と「普通」を調べました。「性」は男女のくべつと書いてありました。でも私は違うと思います。この文を見て、人が傷つくことがあるんじゃないかと思います。性は2つじゃない一人一人違うと考えるだけで見える世界は一しゅんで変わります。
    次に「普通」はほかと比べてとくに変わっていないことと書いてありました。でも、一人一人自分にとっての普通は違うし、考え方も全然違います。だから、性的マイノリティーは普通じゃないという考え方は絶対したくありません。これから、私はもっともっと世界中が幸せで笑顔の花が満開になるよう信頼の芽が出るように頑張ります。

あなたにオススメの講師

Page Top