網野 ひとみ

あみの ひとみ
網野 ひとみ

肩書き
演歌・福祉歌謡歌手
出身・ゆかりの地
京都府

この講師のここがおすすめ

「福祉歌謡」という新ジャンルを提唱し、歌を通じた福祉活動をされている網野ひとみさん。歌にのせて社会へのメッセージを発信するとともに、講演活動やテレビ・ラジオなど、メディアでも積極的に活動されています。 講演では、美しい歌声とともに、“福祉歌謡歌手”として歩んできた道のりを心を込めて語りかけます!

プロフィール

京都市出身。国家公務員時代、人権擁護の仕事に携わる。
1995年、演歌歌手としてデビュー。1998年、テレビ番組の取材で、滋賀県の障がい者の方が働く作業所を訪れる。その際、『出来上がった商品を常時販売する場所がない』『給料も、ほんのわずかしか得られない』という作業所の厳しい現実を知った。その後、「歌手として、人として私にできることはないのだろうか・・・・」 と考える日々が続く。そして頭に浮かんだのは作業所で働く障がい者の方が書かれた詩。素直な思いが込められたこのすてきな詩に、作曲を依頼し、歌い広めよう!と決心。この詩との出会いがきっかけとなり、『福祉歌謡』への取り組みの第1歩を踏み出す。現在は、「福祉歌謡をじっくりと聴いていただけるコンサートを全国で行い、思いを伝えたい!」という夢の元、ディナーショーや、障害者の方が働く作業所、老人施設まで、全国各地でショーを行う。

■CD
「越前しぐれ宿」「あなた…愛を」(ビクター)、「ありがとう愛を」(ビクター)(バップ)、「貴船川」(バップ)、「私の夜汽車」「やさしくきらめいて」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)、etc.

■曲目例
・ありがとう愛を(オリジナル曲)
・やさしくきらめいて(オリジナル曲)
・貴船川(オリジナル曲)
・演歌メドレー
・真赤な太陽
・いい日旅立ち
・また君に恋してる
・愛のままで
・好きになった人   etc.

主な講演のテーマ

1. 人権と私
2. 歌えなかった法務局職員が歌手に・・・
3. 福祉歌謡への歩み         etc.

■講演パターン
①イベントに応じた内容のトークに、歌を交えたトークショー形式
※ご要望により、簡単な手話歌指導、歌上達のコツを織り交ぜます

②オリジナル曲やお馴染み曲、歌謡メドレーなどで構成した歌謡ショー形式

カテゴリー

官公庁向け
福祉・高齢・介護・医療
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top