春野 恵子

はるの けいこ
春野 恵子

肩書き
浪曲師
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

「電波少年的東大一直線」家庭教師・ケイコ先生としてデビューした春野恵子さん。幼少の頃、米国テキサス州ダラスで暮らした彼女が二代目春野百合子に、弟子入り志願。頭を丸坊主にして修業を重ね、現在の活躍に至る。講演「春野恵子の浪曲一直線!」は好評。

>春野恵子さん講演レポートはこちら

プロフィール

東京都出身。4歳から6歳まで米国テキサス州ダラスで暮らす。
白百合学園中学・高等学校卒業。
東京大学教育学部卒業後、「進め!電波少年」「電波少年的東大一直線」家庭教師・ケイコ先生としてデビュー。
2003年  上方浪曲界の重鎮、大阪市無形文化財保持者・二代目春野百合子に、
             国立文楽劇場の楽屋にて弟子入り志願。

             翌年、頭を丸坊主にして大阪に移り住み、修業を重ねる。
2006年  初舞台。一心寺門前浪曲寄席、上方落語定席・天満天神繁昌亭、
             山本能楽堂「上方伝統芸能 ナイト」、
             国立文楽劇場「上方演芸特選会」などに定期的に出演。
            
また、浪曲を身近に感じて頂くため、
             浪曲ワークショップ付きのライブ「春野恵子のROUKYOKU ROCK YOU!」を各地で行う他、
            「京山幸枝若が春野恵子をシゴく会」「春野恵子の武者修行 十五番勝負」等企画公演も行う。

2009年   桂あやめ監督映画「あなたのためならどこまでも」にヒロイン役で出演。
2011年   一心寺シアター倶楽プロデュースつかこうへい追悼企画・舞台「飛龍伝」主役を務める。
2012年   国立文楽劇場・大ホール「浪曲忠臣蔵」に出演。
              大阪市が未来の大阪文化を担う人材に対して贈る「咲くやこの花賞」大衆芸能部門受賞。

2013年   山本能楽堂にて、本邦初の全編英語浪曲を披露。
              京セラドーム「オリックスvs阪神」 交流戦にて国歌独唱。
              読売新聞「日だまりカフェ」連載執筆。公益社団法人浪曲親友協会理事。

              文化庁芸術祭参加公演として入門10周年記念「春野恵子浪曲会」開催、新作浪曲を発表。
2014年   ニューヨーク浪曲公演、その模様が、朝日新聞の一面トップを飾る。
              4月に中国アモイ、5月にベルリン公演、9月16日に2度目のニューヨーク公演を成功させた。

 主な演目 
番町皿屋敷」「天狗の女房」「両国夫婦花火」「高田馬場」「樽屋おせん」他

 主なメディア出演 
NHK「上方演芸ホール」「生活笑百科」「東西浪曲特選」
フジテレビ「笑っていいとも」、
朝日放送「NEWSゆう+」、毎日放送「ちちんぷいぷい」 他多数
資生堂のホワイトアップなどのCM、情報番組のキャスター他多数

主な講演のテーマ

1. 春野恵子の浪曲一直線!ROCK YOU!
2. 浪曲と私

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

あなたにオススメの講師

Page Top