堀内 祐子

ほりうち ゆうこ
堀内 祐子

肩書き
自閉症スペクトラム支援士
特別支援士
傾聴心理士
出身・ゆかりの地
神奈川県

この講師のここがおすすめ

4人の発達障害の子の母である、堀内祐子さん。
講演では、悪戦苦闘の子育てのなかから生み出した、すぐに使える知恵や、具体的な接し方のコツと工夫のノウハウを教えていただけます。実際に発達障害の子と向き合ってきた堀内さんならではの、毎日頑張っているお母さん達への温かい目線が感じられる、親の気持ちに寄り添った内容です。発達障害のある・なしに関わらず、子育てに悩むすべてのお母さんお父さんに、エールを贈る講演です。

プロフィール

1956年生まれ。発達障害(アスペルガー症候群、ADHD、LD)をもつ4人の子どもの母親。
発達障害(アスペルガー症候群、ADHD、LD)の長男を育てるなか、最初は戸惑いが先立ち、不安感に押しつぶされそうな毎日を過ごす。様々な局面を乗り越えるうちに、息子独自の世界に少しずつ目が開け、やがては心が通いあうようになり、今では大きな喜びに満たされている。
大きく性格の違う4人の子どもたちを育てながら、発達障害についての勉強を続け、2005年より通信制大学で学ぶ。日本教育心理学会にて、シンポジウムのパネリストとして「特別支援教育における学校と家庭の連携」を発表。「婦人公論」(2011年8月号)で、映画「海洋天堂」のシュエ・シャオルー監督 と“障害を持つ子どもを残して逝けない親の現実”をテーマに対談。
現在、自閉症スペクトラム支援士(日本自閉症スペクトラム学会認定)、特別支援士(スクールファシリテーター/ペアレントサポーター)、障害児の一時預かり、障害者のヘルパー、傾聴心理士として活躍中。ジョブコーチの経験も持つ。

 講師からのメッセージ 
わが家には長女・長男・次男・三男と4人の子どもがいます。全員に発達障害があります。
買い物に行けば次男は必ず迷子になり、家にいるときは毎日繰り返されるいたずらのあと始末に追われていました。それに4人の子どもたちは合計で交通事故は7回、救急車に乗った回数は10回を超えています。しかし、自分の子育てが特別大変だと思ったことはありませんでした。
ところが子どもたちが小学校に入学をすると、長男のこだわり、パニック、長女の不登校と次々に問題が起きてどうしたらいいかわからず途方に暮れていたときもありました。
私が弱音を吐いたときに主人はにっこり笑って言いました。
「苦労を楽しんでこそ、人生でしょ」
この言葉に私の心に蒔かれ、ゆっくり大きくなっていきました。20年以上子育てをしていますが奮闘はまだまだ続いています。私の悪戦苦闘の子育てが少しでも皆様のお役に立てればこんな嬉しいことはありません。

主な講演のテーマ

『子どもを理解する力 ~発達障害の子とハッピーに暮らすヒント~』

>発達障害当事者である、長男を交えた講演はこちら

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療

著作紹介

  • 『発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと』

    出版社: ぶどう社
  • 『発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ』

    出版社: ぶどう社

あなたにオススメの講師

Page Top