今村 克彦

いまむら かつひこ
今村 克彦

肩書き
共育者
元小学校教諭
関西京都今村組主宰
出身・ゆかりの地
京都府

この講師のここがおすすめ

小学校教師としての24年間の現場実績を踏まえ、従来の「教育」とは一線を画した、共に育ち合う「共育」を提言。教師時代のエピソードを交えながら涙あり笑いありの講演を繰り広げる。
「子どもたちが何を求めているのか?大人として何が大切なのか?
子どもとの接し方に迷う親や教師、居場所の見つからない若者たち・・・」等の様々なテーマで人権問題・地域活性・人材育成(社員教育)についての講演が好評です!

>今村克彦さん講演レポートはこちら

プロフィール

1957年、京都府生まれ。
1997年、子ども達が輝いた顔で生きられるようにしてやりたいと「今村組」を結成。学校や家庭に悩みを持つ子ども達や「不良」といわれる子が、踊りを通して生き直しをするダンス集団としてTV・マスコミで紹介され有名に。
2006年、24年間勤めた京都府小学校教師を辞し、在野の「共育者」として進むことを決意。独自の活動を展開中。

  略歴 
1980年      奈良県天理大学卒業
1981年      京都府教職員(学校教諭) 赴任
1999年      京都生活指導研究協議会常任委員 就任
2001年      全国生活指導研究協議会全国委員 就任
2006年      京都府教職員 退職。九州立花高校ダンス講師・教育アドバイザーに就任

 役職 
officeREY今村組事務所 代表プロデューサー
共有塾 代表

主なメディア出演 
日本テレビ「そこまで言って委員会」「NEWS ZERO」「人生が変わる!一分間の深イイ話」
「ホントに知りたいアノ質問バカなフリして聞いてみた」 他多数

 主な著書 
今村組346人(たかの書房)
夢の見つけ方教えたる(祥伝社)
アンタ・・・(扶桑社) 他多数

主な講演のテーマ

1. 今こそ「共育」を!!~日本の子どもたちに生きる意味を…~
2. 共育~共に育つということ~
3. ホンマの子どもら見たってや
4. 夢の見つけ方教えたる
5. こんな大人に俺はなりたい

教師時代のエピソードを交えながら涙あり笑いありの講演を繰り広げます。「子どもたちが何を求めているのか?大人として何が大切なのか?子どもとの接し方に迷う親や教師、居場所の見つからない若者たち・・・」等、人権問題・地域活性・人材育成(社員教育)についてお話いたします。

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA

著作紹介

  • 『夢の見つけ方教えたる』

    出版社: 祥伝社
  • 『アンタ・・・』

    出版社: 扶桑社
  • 『今村組346人―俺を教師にしてくれた奴等たち』

    出版社: たかの書房

聴講者の声

  • 教師という立場もあっていろいろな子どもの話が聞けて、今後子育てを諦めず頑張ろう!とすごく前向きになりました。ありがたい時間でした。まだまだお聞きしたいです。
  • 「諦めたら終わる」「無理と思ってもやれることがある」の言葉を胸にとどめたいと思いました。「最後まで聞く」で心を寄り添える大人でありたい。やり直しができる、それに付き合える大人でありたいと思いました。
  • 子育てにとても役に立つお話でした。子どもの暮らしの背景を知る大切さを強く、強く感じることができました。家でも子どもたちと向き合って、これからも頑張っていきたいです。
  • あっという間の時間でした。ずっと聞いていたい、もっともっといろいろな話が聞きたくなりました。子どもたちと一緒に育っていきます。共感を忘れず諦めずに!ありがとうございました。
  • 先生のお話、とっても感動しました。すばらしい講演でした。何でも諦めたら終わり。とことん付き合ってく思いを学ばせてもらいました。ありがとうございました。
  • 心に残るキーワードがありました。常に心にとめておきたいと思います。もっともっと聞きたいです。涙が止まらなかったです。
  • 教師のときの体験をふまえ、大変よかった。子育て、人間関係⇔職場、全てに大いに参考になるものだった。「共感」「受容」について、改めて大切さを痛感しました。もっともっと話を聞きたかったです。
  • 今日の話を聞いて、子育てのこと、子ども一人ひとりに対する思いを深く考えさせられました。子どものすべてを愛し、受け入れようと思いました。
  • 心温まる内容でもっと聞きたいと思いました。カウンセラーとして、日々小中学生に関わっておりますが、先生の実話のような子どもたちの背景に出会うときもあります。今日の教えを大切に、優しさと情熱で関わっていきたいと思います。
  • 共感する難しさと受容する難しさを今も自問・自答しながら子どもたちに接している。共感・受容をできるようになりたいと思った。優しさ、情熱は大切だと思った。

あなたにオススメの講師

Page Top