山本 文子

やまもと ふみこ
山本 文子

肩書き
助産師
いのち咲かせたい代表
出身・ゆかりの地
高知県

この講師のここがおすすめ

『いのちの誕生から健やかな老後まで、生き生きとした人生を』と思春期の子どもたち、保護者、高齢の方を対象に講演活動を長年続けておられる助産師の山本文子さん。講演では、「いのち」「性」「出産の感動」そして「いきいき健康法」についてお話されます。

プロフィール

いのちの現場で働く助産師として経験を基に“いのちと性”をテーマに講演活動に力を注ぐかたわら、いのちの誕生から、健やかな老後まで、いきいきとした人生を送ることができる地域に根差した「昔の大家族」のような施設をサポートしつつ、日々奮闘している。

1944年 高知県生まれ。
1967年北海道大学医学部附属助産婦学校卒業(現北海道大学医療技術短期大学専攻科)。その後、高知県立中央病院、日立製作所高等看護学院、NTT高松病院、三宅医院勤務。
20年以上に渡って講演活動をされ、思春期の子どもたちだけでなく、多くの保護者や、高齢者の方にも共感を得る。次第に同じ志を持つ看護職の仲間が集まり、「赤ちゃんの誕生から豊かな老後まで、みんなが集まれる施設を創りたいね」という話がきっかけとなり、2008年看護職だからできる施設、利用していただく方本位の施設を目指しNPO法人いのちの応援舎設立。
2013年理事長を辞し青少年や子育て中の親たちに、いのちを咲かせる応援をしたい願いで講演活動を、いのちを張って精力的に邁進している。
2002年~2010年随時いのちの応援塾開催、2015年いとまごい いのちの応援塾開催。
2015年 NHK 四国羅針盤「いのち咲かせたい~71歳の助産師 言葉の力~」放映される

<主な受賞>
ひまわり褒賞/女性のチャレンジ賞/第59回保健文化賞受賞
村松志保子賞受賞/香川県知事表彰/厚生労働大臣表彰/
看護技術者対策議員連盟表彰/家族計画協会会長表彰

主な講演のテーマ

1.いのちって あったかいよ

2.性を大切にすることは、いのちを大切にすること

3.いのちと性の話(青少年向け)
性とはこころが生きること。性教育は生き方教育。中絶や避妊の正しい知識だけでなく、助産師の経験を通して「いのちの重さ」を伝えます。

4.「出産の感動」を子どもに伝えて(保護者向け)
子どもたちに歪んだ形で「性」を教えないことは大切です。
新しいいのちの誕生に父が泣き、祖父母が涙する。一日に一度は子どもを抱きしめて。

5.教科書に出てこないいのちの重さのはなし

6.もう一度咲かせたいいのち(自殺、いじめ、虐待 講演)

7.いじめ ~一人のいのちの大切さ~

8.いきいき健康法(高齢者の方向け)・・・性は大切。心が元気になる話です。

9.地域おこしの原点は、家庭であり、いのちである

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『いのち咲かせたい』

    出版社: 春陽堂書店
  • 『いのちの応援団』

    出版社: 晩聲社
  • 『いのちの応援団〈2〉』

    出版社: 晩聲社

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top