辺 真一

ぴょん じんいる
辺 真一

肩書き
コリア・レポート編集長
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

コリア・レポート編集長の辺真一(ぴょんじんいる)さんは、「関口宏のサンデーモーニング」のコメンテーターなどTV、ラジオで評論活動する他、講演では「似て非なる日本人と韓国人」「アジアを覗けば日本が見える」などをテーマに日朝韓の関係について語る。

プロフィール

学歴:明治学院大学卒
経歴:
1947年 東京生まれ
1980年 新聞記者(10年)経てフリー
1982年 「コリア・レポート」創刊
1980年 北朝鮮取材訪問
1985年 「神戸ユニバーシアード」で南北統一応援団を結成
1992年 韓国取材訪問(以後30数回に及ぶ)
1998年 ラジオ短波「アジア・ニュース」のパーソナリティー
1999年 参議院朝鮮問題調査会参考人
現在   海上保安庁政策アドバイザー
     沖縄大学客員教授
     外国人特派員協会会員
     日本ペンクラブ会員

<主なメディア出演>
「関口宏のサンデーモーニング」のコメンテーターなどTV、ラジオで評論活動

<主な著書>
「世界が一目置く日本人、残念な日本人」(三笠書房)
「金正恩の北朝鮮と日本」(小学館)
「45分でわかる 41歳からの北朝鮮のすべて」(マガジンハウス)
「韓国経済ハンドブック」(全日出版) など多数
訳書「凍れる河を越えて」(講談社)
訳書「北朝鮮が核を発射する日」(PHP)など多数

主な講演のテーマ

1. 日本と朝鮮半島の将来
2. 似て非なる日本人と韓国人
3. ~人権感覚豊かな社会実現を~ 心の国際化をめざして
4. 竹島からペ・ヨンジュンまでの日韓関係
5. アジアを覗けば日本が見える
6. 核と拉致問題の行方

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
政治・経済
文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『韓国・北朝鮮とどう向き合うか』

    出版社: 花伝社
  • 『北朝鮮と日本人 金正恩体制とどう向き合うか』

    出版社: KADOKAWA/角川書店
  • 『大統領を殺す国 韓国』

    出版社: KADOKAWA / 角川書店

あなたにオススメの講師

Page Top