外国人の人権

カテゴリー説明

今日、我が国に入国する外国人は長期的に増える傾向にあり、2014年には約1,415万人と過去最高となっています。こうした中、言語、宗教、文化、習慣等の違いから、外国人をめぐって様々な人権問題が発生しています。
例えば、外国人であることを理由に、アパートへの入居や公衆浴場での入浴を拒否されたり、理容店において外国人であることを理由に理容サービスの提供を拒否されるといった事案が生じています。また、都内等で行われたデモにおいて,特定の国籍の外国人を排斥する趣旨の言動が公然と行われていることが、マスコミ等によって「ヘイトスピーチ」(ヘイトスピーチに焦点を当てた啓発活動「ヘイトスピーチ、許さない。」)であるとして取り上げられている状況となっています。
2020年の東京での夏季オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、外国人と接する機会は今後益々増加することが予想されます。
外国人に対する偏見や差別をなくしていくため、研修会・講演会の開催等の啓発活動を行うことで、外国人の生活習慣等を理解し、文化等の多様性を認め、尊重することが、お互いの人権に配慮した行動につながります。
「外国人の人権」についての講演会、セミナー、研修、イベントの企画をご検討の際は、「ベストマッチング」を追求するコーエンプラスまで、お気軽にお問合せください。きっとご期待、ご要望にお応えできることをお約束いたします。

※掲載されていない講師も紹介可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

Page Top