鈴木明子さん 講演会講師 レポート


大阪府内にて、プロフィギュアスケーター 鈴木明子さんをお招きし人権講演会を開催。演題は「ひとつひとつ。少しずつ。」

会場には開演の1時間以上も前から多くの人が集まり、立ち見が出るほどの盛況ぶりでした。

自身の幼少期からのフィギュアスケートとの関わり、師である長久保コーチとの出会いと摂食障害による競技の中断、病気の克服とオリンピック出場から引退までについてをお話しされました。

お話しの中で印象的だったのは、10代で注目を集めるようなエリート選手ではなく、ご本人曰く、特別な身体能力も強靭なメンタルも持ち併せていない「普通の人」。
むしろジャンプは苦手だし、臆病者で失敗を恐れてばかりいた。 しかしフィギュアスケートが好きだという気持ちと家族・恩師による励ましと支えの中で競技生活を続けてこられた、とおっしゃられたことです。

『失敗を怖がっていては何もできない。失敗を重ねないと上手くなれないということが分かって壁を乗り越えられた。』 『最後は緊張を楽しむという意味が分かった。一所懸命練習をやりきったという自負があれば緊張を楽しむ権利ができる。』

という言葉が心に残りました。

こんな気持ちを持っている鈴木明子さんだからこそ、努力すること、所懸命やりぬくことの大切さ、自分の弱さとの向き合い方などのお話しがより説得力を、持ち多くの人の共感を得るのだと思います。

夢・希望・チャレンジ、子育て、食育、青少年育成講演会などにおすすめの講師です。 ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>鈴木明子さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。 ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。

投稿担当:オフィス愛  営業 上田晋司


小川圭子さん 講演会講師 レポート


大阪市内の高等学校にて、国際助産師 小川圭子さんの講演会を開催。演題は『国際助産師による「命の授業」』

小川圭子さんは、国際助産師として活動され、海外留学や旅行、国際協力活動等で世界57か国を訪問。

講演では、発展途上国を旅行中、貧困の現状を目の当たりにし、何か自分にできる事をしたいとインドのマザーテレサのもとを訪れ、現地孤児院でのボランティア活動などご紹介して頂きました。

セネガル共和国での生活を紹介

また、助産師になったきっかけや国際協力とは何か?「助産院 いのち輝かせ屋」を開業した経緯など分かりやすく語られました。そして、青年海外協力隊の国際緊急援助隊員としてセネガル共和国に派遣され、現地での活動や、日本文化との違いなど写真を見ながら解説して頂きました。

生徒たちへのメッセージ

これから未来ある生徒たちに「いのちの大切さ」、「性教育」、「生きる」とは何か?熱いメッセージを送って頂きました。 先生のお話に、生徒たちも自分たちが愛されて生まれてきた事を実感していた様子でした。

青少年育成、教職員研修、人権、男女共同参画講演などにおすすめの講師です。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>小川圭子さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。 ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。

投稿担当:オフィス愛  営業 森本啓仁


家田荘子さん 講演会講師 レポート


大阪府内にて、作家/僧侶 家田荘子さんをお招きし男女共同参画講演会を開催。演題は「自分らしい生き方を―今こそ一歩前へ―」

講師 家田 荘子さんの話を聞き涙を流される来場者もいました。

自身が小学校から中学校まで友だちにいじめを受けていたことや、親から虐待を受けた経験から、大人になり自分と同じ境遇の子どもたちを救いたい気持ちで、少年院に何度も足を運び、一人の少女の取材を通じて、なぜその少女が少年院に入らねばならなかったのかという経緯をお話しされました。

大人の都合で子どもたちが犠牲になり、本当になりたい自分になれず、違う道にそれてしまった子どもたちを救いたいという想いで、駆け込み寺をつくりたいと最後に語っていただきました。

人権、男女共同参画講演会、青少年育成、教職員研修、文化講演会など幅広い分野におすすめの講師です。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>家田荘子さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。 ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。

投稿担当:オフィス愛  森本純子


赤井英和さん 講演会講師 レポート


京都府内にて、俳優/タレント 赤井英和さんをお招きし人権講演会を開催。演題は「赤井英和のごんたくれ ~愛情の一方通行はあり得ない~」

自身の過去を振り返りながら語る、講師 赤井 英和さん

講演では、芸能界に入った直後の海外ロケで、ピグミー族と一か月以上、共に生活し、そこで言葉や民族が違っても、同じ人間として心が通じ合ったことを話されました。

また、学生時代からボクシングを始め、プロボクサーになるまでの苦労話や、恩師に支えられ12連続KOという日本記録を樹立し、“浪速のロッキー”として親しまれ、一人で成し遂げられたのではなく、家族や周りの人たちの支えなしでは成し遂げることができなかったことをお話しいただきました。

インタビュアーと息のあったトークショー

トークショーでは、近畿大学の廃部ボクシング部を総監督として復活させた熱い想いを語られました。

また、一番印象深い最近のテレビ番組は?と聞かれ、地元大阪が舞台にもなった、高視聴率をだした「半沢直樹」についてのエピソードや、家族の絆や、食と健康管理についてもお話しして頂きました。

人権、企業、文化講演会におすすめの講師です。 講演料のご相談、スケジュール確認などご希望の方は、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。 ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。

投稿担当:オフィス愛  森本純子


遙洋子さん 講演会講師 レポート


大阪府内にて、タレント 遙洋子さんをお招きし人権講演会を開催。演題は、「今より少し自由に生きられるための秘訣 ~皆が輝いて生きるために~」

遙洋子さんは、女優からタレントとして幅広く活躍されています。
芸能界に入り、多くの大物先輩方に助言やアドバイスをいただいたお蔭で現在まで活躍できていると、人との関わりが人生でいかに大切かを語られました。

次現代社会を生きる女性たちの生き方について、東京大学・上野 千鶴子教授のもとでフェミニズム社会学を3年間学んだことや誰もが生きやすい社会に役立つために日々の活動をされてることを話されました。

また、両親の介護に携わった壮絶な経験について、参加者に誰もが訪れる介護問題(介護する側、される側)についてもありのままを語り、持ち前の大阪弁を生かした喋りは説得力と迫力満点でした。

人権、男女共同参画講演会、女性問題、福祉・介護などテーマにした講演会におすすめの講師です。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>遙洋子さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。 ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。

投稿担当:オフィス愛  森本 純子