読売新聞に蓮池薫さんの記事が掲載されました!


読売新聞に、2回にわたり蓮池薫さんの記事が掲載されました。

蓮池薫さんは今から40年前の1978年7月、北朝鮮工作員によって拉致されました。

その後、24年間は北朝鮮で監視下に置かれながら生活。日本の報道の翻訳をやらされていた蓮池さんは、日本の報道を見ながら、「私たちは多くの行方不明者の一人で、まさか北朝鮮に拉致されたとは誰も分からないのだろう」と落胆する毎日を過ごしていたといいます。

住む場所も仕事も自分で決められず考える自由さえない。
「自分」という存在が全くない環境。
想像を絶する様な、過酷な環境を生き抜いた蓮池さんは、現在、大学教授として働く傍ら、全国で拉致問題の啓蒙講演を行っています。

講演では実際に拉致にあった時の、生々しい体験談や、北朝鮮での生活、また、拉致問題の経緯や現状、今後の日本の対応についてお話しいただけます。

人権、家族、絆などをテーマで講演会をお考えの方にお薦めの講師です。是非、コーエンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。

>蓮池 薫さんプロフィールはこちら

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。