【第1回】人権講演会おすすめ講師をご紹介します!(障害者の人権編)


毎年12月に実施される人権週間
全国で人権推進のためのイベントやマスメディアを利用した集中的な啓発活動が行われます。

講演会主催者様は、人権週間に向け、そろそろ講師選定をスタートされるのではないでしょうか。そこで、毎週、様々な視点から人権についてお話する講師をご紹介致していきます 。

夢を持って前向きに生きる「ダウン症の星」
タレント あべけん太さん

平日は会社員として勤務する傍ら、ダウン症のタレントとしてテレビ出演や書籍出版などでもご活躍中のあべけん太さん。

講演では、あべけん太さんの前向きな毎日や、親や兄弟は何を思い、心はどう揺れて、家族は受け入れてきたのか…。家族が歩んできたこれまでの全てをお伝えいただけます。

夢を持って明るく、楽しく過ごすその姿に「希望をもちました」という感想が多く寄せられている講演です。

>あべけん太さん プロフィールはこちら

「義足は僕の武器」片足を失っても踊り続ける
ダンサー 大前光市さん

昨年のNHK紅白歌合戦で、平井堅さんと共演し話題を呼んだ、義足のプロダンサー・大前光市さん。リオデジャネイロ・パラリンピックの閉会式でもパフォーマンスを披露し、会場を沸かせました。

講演では、「できない」をかけがえのない特徴として受け入れ、自分にしかできないダンスを愛し、障害の向こうにある可能性を切り開いてきた大前さんのこれまでの軌跡についてお話いただけます。

さらに、講演ではお話に加え、ダンスパフォーマンスも披露いただけます!
「片足なのにすごい」ではなく、本当に素晴らしいダンサーであることは、その踊りを見れば一目瞭然です。

しかし、片足だからこそ、その精神力や努力、苦悩も人一倍であったことも確かです。「踊る喜び」を忘れずに再出発をして成功を掴んだ大前さんの姿勢に、挑戦することの大切さを実感できる講演です。

>大前 光市さん プロフィールはこちら

聞こえる 聞こえない をつなぎたい
手話漫才師 萬屋手話本舗ぷ~&み~企画

聞こえる三宅寿さんとろう者の佐藤正士さんによる手話漫才コンビ萬屋手話本舗ぷ~&み~企画。

ろう者のさとうさんの手話に、三宅さんが手話と音声でツッコミを入れながら同時通訳します。この独特のスタイルは、手話を知らない人たちの笑いも誘います。

その評判はクチコミで広がって、今では全国から出演依頼が来るようになりました。

「ろう者、健聴者の壁がなくなった!」「2人には不思議な力がある!」とクチコミで評判を呼んでいるお2人です。手話で笑いのバリアフリーをお届けいただけます。

>萬屋手話本舗ぷ~&み~企画 プロフィールはこちら

その他講師について

他にも弊社HPに、男女共同参画関連の講師を多数掲載しています。

>障害者の人権 講師はこちら

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽に ご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。